フランチャイズで失敗したくない人のために、店舗を順調に増加させて利益を出しているFC本部を比較しました。失敗談もまとめています。

フランチャイズの失敗から成功までを特集したビジネス誌THE LOSER フランチャイズの失敗から成功までを特集したビジネス誌THE LOSER
<特大号>フランチャイズ失敗者に学ぶ・成功する本部選びのコツ » <別冊番外編>フランチャイズ6大業種調査レポート » コンビニ業

コンビニ業

フランチャイズの代名詞ともいえるコンビニ業界。

全国に4万店以上もあるため市場は飽和状態のようにも感じるが、2015年度は前年比1,500店舗以上の増加売上高は10兆円を突破している。

とはいえ、競争の激しいコンビニ業界。チェーン店同士でも、売上だけでなく新商品をどれだけ店舗に並べているかも競い合っているという。

新商品が多ければメーカーの協賛を得ることができ、仕入れ率などに跳ね返るというのが本部の狙い。チェーン店には、こうしたノルマも課せられる業界なのだ。

コンビニ業界の主なフランチャイズチェーン

コンビニ業界のメリット・デメリット

コンビニ業界にフランチャイズ加盟する最大のメリットは、そのブランド力にある。

テレビなどで頻繁に流れるCMをはじめ、集客力のある立地条件、顧客の求めている商品がどこへ行ってもあるという安心感は、個人商店とは比較にならない強みである。

また、マニュアル主義により新人研修がしやすく、早く慣れることで即戦力となりやすいシステムを確立している点もメリットといえよう。

一方で、ほとんどの店舗が24時間365日営業していることから、オーナーは休みが取りにくいというのがデメリット。とりわけ深夜帯はスタッフが集まりにくく、オーナー自らが店舗に立つコンビニも。

また、競合店がコンビニ以外にもあるということもデメリットといえる。スーパーやドラッグストア、100円ショップなどのほかにも、弁当店や小売店なども競合となる。

後から出店してくる競合店の影響を受けやすいのもコンビニの特徴だ。

オーナーの口コミ評判

第一章

フランチャイズ敗者に聞いた失敗談

第二章

業界別・フランチャイズオーナーに突き付けられた現実4選

第三章

フランチャイズ成功者たちの体験談から学ぶコツ

第四章

失敗しないフランチャイズ経営のススメ

別冊番外編

フランチャイズ6大業種調査レポート

最終章

フランチャイズで開業するならこの15社を比較せよ

サイトマップ

Copyright (C)<特大号>フランチャイズ失敗者に学ぶ・成功する本部選びのコツ All Rights Reserved.