フランチャイズで失敗したくない人のために、店舗を順調に増加させて利益を出しているFC本部を比較しました。失敗談もまとめています。

フランチャイズの失敗から成功までを特集したビジネス誌THE LOSER フランチャイズの失敗から成功までを特集したビジネス誌THE LOSER
<特大号>フランチャイズ失敗者に学ぶ・成功する本部選びのコツ » <別冊番外編>フランチャイズ6大業種調査レポート

<別冊番外編>フランチャイズ6大業種調査レポート

フランチャイズ業界を6業種にわけ、各業界の市場規模や将来性、参入のしやすさなど、さまざまな観点から分析。

さらに、オーナーの口コミなどもまとめて掲載している。

改めて、いま日本にフランチャイズ本部および加盟店がどれほど存在するのか、まとめておこう。

フランチャイズを展開する企業は、およそ1,200社総店舗数は約23万店舗にもなる。

このうち規模がもっとも大きい業界は、飲食業で415チェーン、約58,000軒の店舗

チェーン数でいえば、サービス業が次いで約350チェーン、コンビニなどの小売業が約330チェーンと続く。

これだけ多くのフランチャイズが、独立開業を目指す人のフィールドとなっているのだ。

このうちどの業界でフランチャイズを展開しようか悩んでいる方に、業種選びの参考として活用いただければ幸いである。

コンビニ業

コンビニ

コンビニ業界に対して飽和状態で将来性に疑問を抱く方も多いかもしれない。実は、年間1,500店もの新規開業、トータル売上高は10兆円という大規模な市場があり、現在も増え続けている業界なのだ。

飲食業

飲食店

ラーメン店、居酒屋、弁当店などの中食業界にフランチャイズチェーンが多い。特に最近は異業種に乗り出す中食業界が多く、将来性の点でアツいと独立開業を目指す方の注目を集めているようだ。

買取業

買取

買取業を含むリユース市場は、年々増加の一途をたどっていることから、将来性についても期待できる業種だ。比較的開業資金が安いことや、在庫を抱えないことなども人気を集める理由となっている。

小売業

小売り

衣料品、生活雑貨、自動車工具など、扱うものが多岐にわたる小売業のフランチャイズ。成功のポイントは、自社ブランドをもっているフランチャイズであること。小売業の実情を紹介する。

サービス業

幼児向けサービス

美容院、学習塾、クリーニングなど、こちらも多くの業態がある。なかでも最近のフランチャイズでは、幼児向けサービスが業績を伸ばしているという。少子化社会を物としないビジネスとは?

無店舗販売型

無店舗販売型

家事や介護代行サービス、出張販売、ECサイト(ショッピングサイト)など、無店舗販売のフランチャイズも多くなっている。何より開業資金が節約で始めやすいのが魅力だが、集客に苦労する一面も。

第一章

フランチャイズ敗者に聞いた失敗談

第二章

業界別・フランチャイズオーナーに突き付けられた現実4選

第三章

フランチャイズ成功者たちの体験談から学ぶコツ

第四章

失敗しないフランチャイズ経営のススメ

別冊番外編

フランチャイズ6大業種調査レポート

最終章

フランチャイズで開業するならこの15社を比較せよ

サイトマップ

Copyright (C)<特大号>フランチャイズ失敗者に学ぶ・成功する本部選びのコツ All Rights Reserved.