フランチャイズで失敗したくない人のために、店舗を順調に増加させて利益を出しているFC本部を比較しました。失敗談もまとめています。

フランチャイズの失敗から成功までを特集したビジネス誌THE LOSER フランチャイズの失敗から成功までを特集したビジネス誌THE LOSER
<特大号>フランチャイズ失敗者に学ぶ・成功する本部選びのコツ » <最終章>フランチャイズで開業するならこの15社を比較せよ » デイリーヤマザキ

デイリーヤマザキ

コンビニ業界5位の店舗数を誇るデイリーヤマザキは、全国に約1,500店舗ものフランチャイズチェーンを展開している。

ただ、ここ数年の店舗数は減少傾向にあり、中途解約・解除したチェーン店数は2015年が106軒、2016年は46軒となっている。

加盟金は、オーナーが店舗を用意する場合は180万円、本部が用意する場合は220万円(研修費等込み)となっている。

これとは別に、開店時の置く商品代金として最低150万円が必要だ。

「デイリーヤマザキ」フランチャイズの特徴

ロイヤリティ 売上総利益に乗じて算出
※契約タイプによって異なる
契約期間 10年
保障について 年間売上総利益からロイヤリティを控除した額が1,860万円を下回る場合、本部が補填する
店舗数 1,426店舗(2017年)
店舗増減数 40店舗減(2016年)

1人で経営も可能

一般的に、コンビニにフランチャイズ加盟をする際には、店長とマネージャーの2人は最低必要となる。

ところがデイリーヤマザキでは、1人でも開店できるプランを用意しており、開店しやすいコンビニといえる。

店舗は本部が用意し、その近くに居住できることなどが条件だが、単身者でもオーナーになれるという他社にはない形態も人気だ。

本部の支援が比較的に手厚い

開店前にはオペレーションやマネジメントに関する研修を1カ月実施。

オープン後は、SV(デイリーヤマザキでは「オペレーション・フィールド・カウンセラー」と呼ぶ)が週1~2回ほど来店し、店舗経営全般のアドバイスをしてくれる。

さらに、オープン後1年は店舗開発者のマーケティングフォローも受けられる。

差別化をはかった商品戦略

デイリーヤマザキでは、店内で調理したお弁当や惣菜を販売する「デイリーホット」という商品が売れ筋だ。

さらに、焼きたてのパンが楽しめるサービスも、利用客の評判がいい。焼きたてパンは月に2回ほど新商品が発売されるので、リピーターが多いという。

こうした点は、他のコンビニにはないデイリーヤマザキの強みである。

デイリーヤマザキで独立開業したオーナーの声

第一章

フランチャイズ敗者に聞いた失敗談

第二章

業界別・フランチャイズオーナーに突き付けられた現実4選

第三章

フランチャイズ成功者たちの体験談から学ぶコツ

第四章

失敗しないフランチャイズ経営のススメ

別冊番外編

フランチャイズ6大業種調査レポート

最終章

フランチャイズで開業するならこの15社を比較せよ

サイトマップ

Copyright (C)<特大号>フランチャイズ失敗者に学ぶ・成功する本部選びのコツ All Rights Reserved.