フランチャイズで失敗したくない人のために、店舗を順調に増加させて利益を出しているFC本部を比較しました。失敗談もまとめています。

フランチャイズの失敗から成功までを特集したビジネス誌THE LOSER フランチャイズの失敗から成功までを特集したビジネス誌THE LOSER
<特大号>フランチャイズ失敗者に学ぶ・成功する本部選びのコツ » <最終章>フランチャイズで開業するならこの15社を比較せよ » ローソン

ローソン

三大コンビニのひとつであるローソンは、全国に12,000軒ものフランチャイズチェーンをもつ巨大企業だ。

フランチャイズ加盟を中途解約・解除した件数は、2016年が382店、2015年だと361店もあるが、三大コンビニに限ると少ないほう。オーナーの満足度の高さが伺える。

契約タイプはいくつかあるが、店舗経営を学びながら開業を目指すフランチャイズのインターン制度を設けたものもあり、初心者でも安心だ。

オープンから最大3週間は、専門の本部社員がオーナーの横でフォローアップしてくれるのも頼もしい。

「ローソン」フランチャイズの特徴

ロイヤリティ 総粗利益高に対して、スライドチャージを乗じた金額
契約期間 10年
保障について 新規オープン後3カ月間に限り、店主引き出し金50万円の送金制度を用意
店舗数 12,819店舗(2016年)
店舗増減数 628店舗増(2013年)

初心者にオススメのインターン制度

ローソンには、独立しようとしている方を支援する、さまざまな制度を設けている。

上記にもあるフランチャイズ・インターン制度では、月給30万円をもらいながら成功ノウハウが学べるといううれしい制度だ。

このほか、「FC-Cnタイプ」だと、店舗にかかる地代や家賃、光熱費などを本部が一部負担してくれるといったサポートもある。

新規オープン時には保証が手厚い

オープンの前後には、開業資金以外にも何かと資金が必要になる。

こうした新規オープン時の支援体制について、ローソンではさまざまな支援体制を用意している。

例えばオープン後3カ月間は、店主の引き出し金として50万円送金する制度や、商品廃棄費を100%本部が支払う制度などがある。商品廃棄費は、4カ月目以降も半額支払ってくれる。

店舗拡大のチャンスも大きい

複数のフランチャイズ店舗のオーナーとなってくれる方に、ローソンでは「複数店化推進制度」を用意している。

特定の研修が必要だが、加盟金の一部免除、本部チャージの優遇などの支援が受けられる。

このほか、独自のMO(マネジメントオーナー)制度を設けており、この資格を取得することにより、多店舗経営や事業拡大のチャンスが広がるという。

ローソンで独立開業したオーナーの評判

第一章

フランチャイズ敗者に聞いた失敗談

第二章

業界別・フランチャイズオーナーに突き付けられた現実4選

第三章

フランチャイズ成功者たちの体験談から学ぶコツ

第四章

失敗しないフランチャイズ経営のススメ

別冊番外編

フランチャイズ6大業種調査レポート

最終章

フランチャイズで開業するならこの15社を比較せよ

サイトマップ

Copyright (C)<特大号>フランチャイズ失敗者に学ぶ・成功する本部選びのコツ All Rights Reserved.