フランチャイズで失敗したくない人のために、店舗を順調に増加させて利益を出しているFC本部を比較しました。失敗談もまとめています。

フランチャイズの失敗から成功までを特集したビジネス誌THE LOSER フランチャイズの失敗から成功までを特集したビジネス誌THE LOSER
<特大号>フランチャイズ失敗者に学ぶ・成功する本部選びのコツ » <最終章>フランチャイズで開業するならこの15社を比較せよ » 喜多方ラーメン

喜多方ラーメン

喜多方ラーメン坂内「小法師」は、関東を中心に東日本一帯で展開するフランチャイズチェーンだ。

全国に57店舗あり、そのうち36店舗がフランチャイズで運営されている。(2015年時点)

「手づくりへのこだわり」が強いラーメン店としても知られ、スープや具材などは各店舗で調理。

将来的にはフランチャイズからも独立したいという願望がある方には、本格的な調理ノウハウも学べるだろう。

喜多方ラーメン坂内「小法師」では、ここ最近、直営店よりもフランチャイズ店のほうが売上伸長率は高くなっている。

さらなる店舗拡大にも意欲的で、ラーメン店で独立開業を狙う方にとってもチャンスといえよう。

「喜多方ラーメン」フランチャイズの特徴

ロイヤリティ 月額10万円(25席まで・税別)
契約期間 3年
保障について 掲載なし
店舗数 36店舗(2015年)
店舗増減数 2店舗減(2013年)

手作りへのこだわり

フランチャイズの飲食業界では、効率的かつ品質に差が生じにくい調理法を生み出し、各店舗に導入するのが一般的だ。

しかし、喜多方ラーメン坂内「小法師」ではスープや焼豚などの具材は各店舗で「手作り」することを基本としている。

店舗によって多少、味に差が出ることもあるが、それが他のチェーン店との競争にもなり、張り合いが出るだろう。

充実した研修内容

スープも具材も自店で用意するため、開店前の研修では覚えることがたくさんあるだろう。

喜多方ラーメン坂内「小法師」の研修期間は、おおよそ40日にもなる。

直営店で調理法を覚えることはもちろん、店舗運営にかかわる事項もマスターできる。習熟度によっては延長もありだという。

また、厨房設備の搬入や設置、現地で購入する品の買付、食材発注、検品、看板や販促物の発注などは、すべて本部が行ってくれる。

開店前後の6日間は、本部からヘルプ要員がサポート。食材発注、検品は本部がしてくれる。

以降も最低月1回はSVが来店し、経営アドバイスをしてくれる。

複数店のオーナーを目指す人はチャンス!

喜多方ラーメン坂内「小法師」では、さらなる店舗拡大を目指しており、向上心の高いオーナーには、複数店舗の運営をバックアップしてくれている。

個人だけではなく、法人でも募集をしており、副業にラーメン店を検討されている方にも良いだろう。

喜多方ラーメン坂内「小法師」で独立開業したオーナーの声

ホームページ上にオーナーの声は掲載されていませんでした。

第一章

フランチャイズ敗者に聞いた失敗談

第二章

業界別・フランチャイズオーナーに突き付けられた現実4選

第三章

フランチャイズ成功者たちの体験談から学ぶコツ

第四章

失敗しないフランチャイズ経営のススメ

別冊番外編

フランチャイズ6大業種調査レポート

最終章

フランチャイズで開業するならこの15社を比較せよ

サイトマップ

Copyright (C)<特大号>フランチャイズ失敗者に学ぶ・成功する本部選びのコツ All Rights Reserved.