フランチャイズで失敗したくない人のために、店舗を順調に増加させて利益を出しているFC本部を比較しました。失敗談もまとめています。

フランチャイズの失敗から成功までを特集したビジネス誌THE LOSER フランチャイズの失敗から成功までを特集したビジネス誌THE LOSER
<特大号>フランチャイズ失敗者に学ぶ・成功する本部選びのコツ » <第二章>業界別・フランチャイズオーナーに突き付けられた現実4選

<第二章>業界別・フランチャイズオーナーに突き付けられた現実4選

起業するなら、個人経営よりもフランチャイズに加盟したほうが、失敗リスクは抑えられる。これは確かに、データが証明していることだ。

しかし、フランチャイズに加盟したからと言って事業が必ずしも成功するとは限らない。

各業界の実態を甘く見通し現実を知らなければ、フランチャイズに加盟しても失敗リスクが高まるのだ。

ここでは独立開業した各業界のオーナーが、どんな課題を抱いているのか知っていただき、各事業で成功するためのポイントを考えてみたい。

フランチャイズの代表格「コンビニ」の現実

コンビニ

24時間365日営業のコンビニ業界で、最近オーナーの頭を悩ませている問題が「人手不足」だ。スタッフがいなければ店の営業ができない。しかし、本部との契約は24時間365日営業なのだ。これに加え、休めない&ロイヤリティや契約解除時の違約金が高いといったようなことも問題視されている。

集客に苦戦?「教育業界」の現実

教育業界

塾やスクールなどの教育業界がもっとも注力すべきポイントは「集客」。フランチャイズに加盟することで、個人経営の塾よりも集客力はアップするというメリットがある。しかし、本部に任せっぱなしにしておくのは禁物。また、近隣にどんなニーズが多いかリサーチを絶えず行うことも重要だ。

競合対策が難しい「ラーメン業界」の現実

ラーメン

外食産業のなかでも比較的少ない予算で始められることから、ラーメン店でフランチャイズ出店を狙う人は多い。それゆえに、競合店も出現しやすいという現実がある。いかに集客力のある立地に店を構えるか。これは、ラーメン店に限らず外食産業で譲れない重要なポイントとなる。

ハードルの低さが命取り?「サービス業」の現実

サービス業

サービス業の最大の武器は「人」だ。多額の設備投資をしなくても、自らの腕と道具さえあれば、店舗がなくても始められる。ハードルが低いためか、事業計画が甘くなりやすいという一面もあるという。特に、ブームに乗っかること、需要の見通しの甘さが失敗につながったケースが多いので注意したい。

第一章

フランチャイズ敗者に聞いた失敗談

第二章

業界別・フランチャイズオーナーに突き付けられた現実4選

第三章

フランチャイズ成功者たちの体験談から学ぶコツ

第四章

失敗しないフランチャイズ経営のススメ

別冊番外編

フランチャイズ6大業種調査レポート

最終章

フランチャイズで開業するならこの15社を比較せよ

サイトマップ

Copyright (C)<特大号>フランチャイズ失敗者に学ぶ・成功する本部選びのコツ All Rights Reserved.